僕流補完ブログ(原因不明の病気とうつ病闘病やってるよ)

僕流補完ブログとは個人的な趣味嗜好や意見を掲載するブログです。現在は自分の病状や闘病時に思ったことも記載してます。うつ病で悩んでいる姿や治療を模索している自分を掲載しています。

太平洋戦争が起こった訳

 そもそも、国民の60%と政治家・天皇・海軍は対米戦に反対であった。日本でも不景気から戦争と言うが、政策はせいこうしてしかも日中戦争で経済は快復傾向にあった。

早期講話さえなれば良いだけだったが陸軍が欲を……

中国に米英が支援、日本に対する経済措置。

米国も得させるように日中戦争すれば良かったが、陸軍の暴走で515事件226事件があり国際交渉の出来る人材を無くした。

そこに、ニーディール政策の効果が薄いアメリカが日本に圧力。メディアが国民を煽って太平洋戦争への一択を推し進めた。

太平洋戦争以前は比較的言論統制がなかった。三国同盟も出切り限り決裂させてきたが、しつこいメディアと煽られた国民に押される形で締結した。

その為、ハルノートが出されて戦争へと進むのである。

最小限の犠牲で最大限の効果を狙う基礎戦略の論理が無いまま。2ツの戦争を始めて補給物資不足で飢え死にさせてしまった。

南方の物資を当てにしてたが、輸送が失敗すると言う最大のミス。

開戦時に真珠湾の燃料とドッグ・倉庫の攻撃の不備による最悪な開戦。

無線解読によるその後の敗戦、レーダー技術による察知の早さ。熟練兵の戦死による錬度不足。

シンガポール陥落か、香港陥落が和平交渉のギリギリラインでしょう。

三国同盟によるドイツの勢いに呑まれた末路だ。

国力が10倍も差があるのに、勝てるはずがない。仮想敵国をアメリカとしたシュミレーションも行ってるのに戦争を始めた軍部は。

パチンコも同じで引き際が肝心。