僕流補完ブログ(原因不明の病気とうつ病闘病やってるよ)

僕流補完ブログとは個人的な趣味嗜好や意見を掲載するブログです。現在は自分の病状や闘病時に思ったことも記載してます。うつ病で悩んでいる姿や治療を模索している自分を掲載しています。

警察の交通課を監査する別組織が必要

 ここ最近連発で微妙な違反と事故の時に思ったのが、言論を塞ぎ誘導している事が全部だった。事故の時にもそうだったが、相手の行動を聞かずに一歩的に犯罪者扱いで、文面では黙秘権があると言うが、実情誘導尋問。

こちらの言い分は一切記載せず、書類作成の上処分。


f:id:alex888:20180304123759j:image

検問も、看板も立てずカーブミラーの死角に入り隠れている。

交通安全を歌いながら、蛇行運転する車を通報しても捕まえない。

違反を未然に防ぐ仕事を放棄している事を正す組織が必要だと思う。

国家権力は国家権力で防がないと、腐敗が始まる。

この前200キロオーバーでオービスにかかって捕まった奴も、以前に余罪がある可能性があると言うが、そう言う悪質な運転手を捕まえずに狙いやすい所ばかりを行く。

しかも、卑怯にも隠れて狙う。

言い分は聞かない、これでは権力を行使する組織とは言えないと思う。

健全に調査されたかを調べる機関は必要だ。

言っても仕方ないので、その様に運動するしかない。


f:id:alex888:20180304123811j:image

監査団体組織を作りあげる事こそ、腐敗を防ぐ行為になる。

司法では、交通課は対応できない。

個人で状況や書類を確認できないまま違反が確定する。

後、信号機不備によるものもそうだが、逆光で見えなかったり地域住民から矢印信号の要望を無視しているのに隠れて違反を狙うのは卑怯な行いだ。

自分たちの不備を利用している現状も変えるべきである。

そもそも、警察にノルマがある時点で終わりだろうと思う。

点数か反則金か2択すべきだと思う。

事故の時の誘導尋問だけは生涯忘れないだろう。交通課はクズだと言う記事を見たときはさほどとは思ってなかったが、これくらいの事故だから点数低くなること良いながら誘導尋問したことに対しては天罰が下る事を願っている。

市民から叩かれて当然だ。人権無視にも程がある。